資格を見逃がさないで調べる

専用の資格を持っていること

産業廃棄物を処理する場合は、専用の資格を持っていることが条件になります。
きちんと、資格を持っている業者に連絡してください。
特に何も言わず不用品を処理したいと連絡して、業者が来た時に産業廃棄物だから回収できないと言われると、また別の業者に連絡しなければいけないので面倒です。
業者もせっかく訪れたのに、無駄足になってしまいます。

資格の有無を確認しないで適当に依頼して、迷惑を掛ける人が増えています。
お互い無駄な手間になってしまうので、必ず資格を確認してください。
家具や家電の処理なら、一般廃棄物収集運搬の資格が必要です。
工場から出る産業廃棄物だったら、産業廃棄物収集運搬の資格がある業者に依頼しなければいけません。

ホームページを見ればわかる

急いで連絡をするから、不用品回収業者の選択を間違えてしまいます。
大抵の業者はホームページを持っていて、そこで情報を提供しています。
必ず確認して、自分の要望に合っていることがわかったら連絡してください。
特に資格の有無は、お客さんに伝えなければいけない大切な情報です。
多くの業者では大きく、わかりやすく敷持っている資格を紹介しています。

ですから普通の不用品しか回収できないのか、それとも産業廃棄物も回収できるのかすぐにわかるでしょう。
ゆっくりと、業者を決めてください。
焦ると選択を間違えて、トラブルを起こします。
業者に依頼するとトラブルが起こりやすいと言われますが、こちら側に問題があるパターンも多いです。


この記事をシェアする