何を回収してくれるのか

生ものは回収できない

料理をしている時に出た生ゴミは、回収できないと言われることが多いです。
それは燃えるゴミの日に、処分してください。
不用品回収業者でも回収できないものがあるので、調べて自分が回収してもらいたいものが大丈夫なのか、チェックしましょう。
家具や家電のついでに持って行ってもらいたいと言ってもダメなので、無理を言わないでください。

各地域によって燃えるゴミの日の回収日は異なりますが、1週間に1回ほどあると思います。
ですから1回出しそびれても、すぐに次のチャンスは訪れます。
不用品回収業者に無理を言って、困らせなくても良いはずです。
家電や家具だったら、どんなものでも回収してくれることが多いので遠慮せずに依頼してください。

危険物は断っている

ほとんどの不用品回収業者は、危険物の回収は断っています。
それなのに無理に回収するように言われて、困っているという相談が寄せられています。
具体的にどのようなものが危険物扱いになるのかは、業者によって変わります。
自分が処分したいものを回収してもらえるのか不安だったら、問い合わせてください。

業者に聞けばわかりやすく教えてくれるので、ダメだと言われた場合はすぐに引き下がりましょう。
そこで騒ぐと、相手の迷惑になります。
危険物は適した処理方法があるので、それに従ってください。
自分で処理するのが面倒だからと、危険物の処理も業者に任せることはいけません。
業者だって、回収できないものがあると理解して利用してください。


この記事をシェアする